ヨッテオイキヨ

横浜山手で出会った隠れ家カフェMarks house Cafe

山手資料館

『すずちゃんのはじめてのカメラとレンズ』の出版記念パーティーが横浜元町で行われるというので、はじまる前に横浜山手をさくっと散策。

素敵な洋館が点在するこの一帯には、そんな洋館たちをカメラにおさめようと、カメラをぶら下げた人たちがたくさん歩いていました。

そんな洋館たちのひとつ、ミントグリーンの外観が可愛らしいこの建物は『山手資料館』。

Marks house Cafe

その山手資料館のすぐ近くで出会ったのが『Marks house Cafe』です。

ほんとは横浜山手をブラリとしたあとは元町のほうへ下って、ここへ来る途中にみつけたスタバかどこかでひとやすみをする予定でした。

しかし!

出会ってしまったのです、『Marks house Cafe』に。

Marks house Cafeはショールームを兼ねたコーヒーショップ

Marks house Cafe

みえるかな、左側の”CAFE”って書いてあるやつがお洒落!

店主さんいわく、つくってもらったのだそう。

『Marks house Cafe』は2015年4月にオープンしたカフェで、カフェと書いてはあるけれど、入っていいのかちょっと迷う感じ。

なので、横浜山手のとっても目立つところにあるけれど、隠れ家的なのです。

入っていいのか迷う!その理由はショールームを兼ねているから。

カフェという感じがしなくって、でもカフェって書いてあるし!と思って勇気を出して入ると、奥から男性が出てきました。

「ここでコーヒー飲めますか?」と尋ねたら「はい!」と。

テーブル席はふたつだけで、あとはスタンディング席が3つ。

ひとりでコーヒーを提供するにはこれぐらいがちょうどいいのだそうです。

しかもここは横浜山手ですから、コーヒーをテイクアウトして散策する人も多いみたい。

こだわりのコーヒー

コーヒー

お店の雰囲気に合わせて何百種類もあるカラーの中から色を決めたというオリジナルのコーヒーカップ。

そしてコーヒーがビーカーに入っているってのも洒落てる!

店主さんはコーヒーに本当に詳しくて、いろいろなことを教えてくれました。

そしてなにより親切で、私のコーヒーの好みからどれがいいとか教えてくれて、試し飲みまでさせてくれて・・・至れり尽くせり。

美味しいコーヒーと楽しいお話で、あっという間に時間が過ぎていきました。

テーブル席がふたつなものだから、帰り際には、おばあちゃんと相席♪

旅先での一期一会みたいで、なんだか楽しい。

スコーン

スコーンもいただいちゃいました。

しっとりしていて美味しいスコーンは300円。

水

お水のグラスも曲線が美しい。

Marks house Cafe
住所:神奈川県横浜市 中区山手町246-1 カーネルスコーナーマンション1F
アクセス:元町・中華街駅6番出口アメリカ山公園口より徒歩3分