ヨッテオイキヨ

ロクシタン『オーキデ パフュームモイストミルク』を香水代わりにいい香り

ロクシタン『オーキデ パフュームモイストミルク』を香水代わりにいい香り

遠くにいると香らないんだけど、その人の近くにいくとフワ〜とほのかに香るぐらいの香りを放つ人にグっときてしまいます。

それが香水なのかもしかしたら柔軟剤なのかはわかりませんが、私は香水でそんな上手にふわりと香りを見にまとうことはできず、むしろ香水はあまり得意ではありません。

なのでボディクリームを香水がわりにしたりします。

汗をかきまくる夏はちょっとお休みしてしまうのですが・・・。

以前はロクシタンのバラの香りのボディクリームを使っていましたが、それがなくなった頃、結局ニベアっていい匂いだよね、なんて思ってニベアになって。

(ロクシンの店員さんいわく、やっぱり一番人気はバラの香りだそう。女性ホルモンにいいといいますもんね。そしてバラの香りはハッピーな気分になるのだそうです。)

しかし最近はニベアもいいけれど、もう少し女性らしい香りにしようと思い、ロクシタンで『オーキデ パフュームモイストミルク』を買いました。

ロクシタンのオーキデ パフュームモイストミルク

『オーキデ パフュームモイストミルク』は、オーキデとネロリの香りのボディクリームです。

オーキデは蘭の花のことで、ネロリはよくアロマオイルで名前を聞きますが、邪気を払うとかそんな香りです。

花!植物!女の人!って感じの香りで、ボトルごと匂いをかぐと「おおっ」とけっこうキツイ感じもしますが肌につけるとふわ〜んといい香りが漂います。クリームも固くて重めなので、ほんとに少量を肌に伸ばしてつかっています。なので経済的かもしれませんね。

家のなかにいると狭い空間なので香りが漂いますが、一歩外にでると途端に匂わなくなるので、きっと私が求める近くにいる人にだけフワリと香るんじゃないかと思ってますが、どうなのでしょう・・・。

で、この香り。

以前ロクシタンで人気のあった『フルールシェリー』に似た香りなのです。『フルールシェリー』は現在は廃盤になってしまっているので、「あー残念!」と思った人はこちらを購入してみるといいんだと思います。

ちなみに写真のお隣にうつっているのは、今気に入って使っている化粧水です。オルタナのタイムマネージメントエッセンスって言います。