ヨッテオイキヨ

野菜たっぷりで嬉しい!Shiva Cafe の玄米おばんざいプレート

Shiva Cafe

吉祥寺駅からは12分ぐらい歩くかな、以前はカレーカフェとして営業していたShiva Cafeが、2015年6月にリニューアルしました。

といっても、お店のインテリアが大きく変わった、というわけではなく、店主さんが変わって、カレーカフェから、玄米ごはんがいただけるカフェになったのです。

最初に言っておくと、また行こう!と思わせてくれる、素敵なカフェでした。お店の方の心遣いといい、野菜いっぱいの美味しいごはんといい、お洒落で可愛いインテリアといい。

Shiva Cafe

カフェのまわりにはたくさんの緑が飾られています。太陽の光をいっぱい浴びて気持ちがよさそう。

Shiva Cafe

さながら、ガーデンショップのよう。多肉植物屋さんのよう。

Shiva Cafe

あまりにも太陽さんが元気いっぱいで、私の影がはいってしまいました。

Shiva Cafe

お客さんがいっぱいいたので、カフェのなかの写真はこれだけ。

とある平日の11時50分ぐらいにカフェの扉をあけました。すると店内は満席(テーブル席が2つに、2人掛けのカウンターがひとつと、4人ぐらい座れるカウンターがひとつ)。申し訳なさそうに「すみません、今満席で・・・。」という店員さん(店主さんかも)に、「じゃあ、外で待ってていいですか?」と言うと、「それは申し訳ないので、席が空いたら連絡します。」ということになり、電話番号と名前を書いて、吉祥寺駅のほうへ戻り買い物していました。

平日の12時前ですよ!びっくりです、大人気です。
結局12時20分ぐらいに電話をもらって12時30分ぐらいにカフェに行きましたが、どうやら、平日は12時30分から13時にかけて空いてくるようです。もちろん日によって違うのでしょうが。

Shiva Cafe

お手拭き。

玄米おばんざいプレート

Shiva Cafe の玄米おばんざいプレート

さて、お目当ての玄米おばんざいプレートは、1,200円。

メインをひとつ選びます。私は豚肉と大根の角煮にしましたが、その他にも、唐揚げや豆腐ハンバーグなど、8つぐらいから選べたのかな?

そしてこのメイン以外のおかずたちの種類が多い!写真だと多く見えないかもしれませんが、メインをいれて10種類ほどありました。

外ごはんのいいところは、一度にたくさんの品目の食品をとれること。この日のランチで一体何品目いただいたのだろう、というぐらい、たくさんの食品が使われていました。自分の家では、なかなかこうはいきません・・・。

Shiva Cafeの野菜は、作り手のみえる、農薬を使ってない野菜。安全で美味しくて、身体にも心にも嬉しい野菜たち。

そして、おかずたちにはスパイスが使われているものもいくつかありましたが、消化作用や血行促進、美肌効果など、インドネパールの「漢方」とも言われるスパイスを気軽に取り入れることを意識しているそうです。

おかずたちの美味しさうっとりしながら感動したのは、Shiva Cafeの玄米ごはんが美味しい!ということ。ほんのりと甘みがあって、とってもモチモチしていて。我が家にも玄米がありますが、家じゃこんなに美味しく炊けていません・・・。

お米農家やまざきの有機玄米を圧力鍋で炊いているのだそう。

たっぷりと野菜が摂れて、甘くてモチモチの玄米もいただける、素敵すぎるカフェです。

コーヒー

ランチには+200円でコーヒー、紅茶、三番茶をつけることができます。
コーヒーの美味しさにも感動していたら、隣の席のお客さんも「コーヒー、美味しい♪」とつぶやいていました。

Shiva Cafe
住所: 武蔵野市吉祥寺北町3-1-1
アクセス:JR・京王井の頭線「吉祥寺駅」から歩いて12分〜15分ぐらい